みんなでIPSコスメティックスで綺麗になろう。

ipsコスメティックスの会長が製作した映画とは?

ipsコスメティックスの会長は、映画等芸術や文化の発展にも力を入れています。

その活動の一環で製作されたのが、映画「向日葵の丘・1983年夏」です。
この映画で監督・脚本を手掛けたのは太田隆文で、主演は実力派女優として知られる常盤貴子が務めました。


作品の舞台となったのは、バブル景気が訪れる前の1983年です。
親子の絆や友情を描いたヒューマンドラマで、高校時代に映画製作に情熱を傾けていた
女子高校生3人が30年ぶりに再会するというストーリーになっています。


田舎で暮らす女子高校生3人は、町の人達を巻き込みながら8ミリ映画を製作していました。


ところが、高校卒業を目前にしてある不運な出来事が発生し、3人は離れ離れになってしまうのです。
それから30年の時が過ぎ、故郷で3人は再会することになります。


主人公の多香子は、友人が余命宣告を受けていることを知りました。
30年前の出来事を回想する旅に出かけ、自分や友人達との関係を見つめ直していきます。


日本版の「ニュー・シネマ・パラダイス」とも呼べる作品で、主人公を始めとして彼女に関わる人々との絆が
丁寧に描かれているのがこの作品の大きな魅力です。

魅力

 

ipsコスメティックス会長製作の映画が賞を受賞


IPSコスメティックスの会長が製作した映画「向日葵の丘・1983年夏」は、LAで開催された
映画祭ジャパン・フィルム・フェスティバルLAでOutstanding Artistic Performance賞を受賞しました。


授賞式では、監督を務めた太田隆文が、常盤貴子の代わりにトロフィーを受け取っています。

これにはIPSコスメティックスの会長も大喜びでしょう。


IPSコスメティックス会長製作の「向日葵の丘・1983年夏」は、登場人物たちの心の機微や
懐かしい時代の雰囲気が鮮やかに描かれています。


当時は携帯電話やパソコンもない時代でした。高校時代の友人2人を演じているのは
女優の藤田朋子と田中美里です。この作品で、藤田朋子が金髪になったことも話題を集めました。


その他にも別所哲也や津川雅彦といった演技派俳優が脇を固めており、クオリティの高い作品に仕上がっています。
高校時代の3人には、若手女優として期待される蓮根京子や藤井武美、百川晴香が抜擢されました。


映画を眺めていると1983年当時の空気が蘇ってくるようで、その世界に思わず引き込まれて行きます。
映画祭で高い評価を受けた作品となっています。


ipsの力

PAGETOP